製品について

LANDAMCART(ランダムカート)って何?・・・

全く新しい構造のペット用車イスです。

一般的な車イスは体のワンちゃんの両脇をパイプではさむ構造のため、身体を横方向にあまり曲げることはできません。

しかし、ランダムカートはメインパイプを背中の上方に設置し、腰を支点にした回転軸を設けたことで身体を横に曲げることができます。そのため家の中の狭い場所でも小回りが可能で、動物本来の自由で軽快な動きをすることが出来ます。(特許構造)

アルミパイプと樹脂部品の組み合わせでできており、軽量なことも体重の軽い小型犬にとってはうれしい特徴です。

中型犬、大型犬用の車イスや前脚も補助する4輪車なども開発中です。また、特殊な体形や形状などに対応するカスタマイズの用意も整えておりますので、お気軽に問い合わせください。

お問い合わせ

特徴

独創的な構造

ランダムカートはスイングアーム構造を採用したペット用歩行補助機具で、一般的なペット用車イスのように身体の側屈動作を妨げることがないため、小回り自由な歩行動作を実現しました。

フル・アジャスタブル・フレーム

小型犬、中型犬、大型など多くの犬種があり、世話をする飼主の世話の仕方もそれぞれ違います。抱上げやすい小型犬は上方から、重い大型犬は座らせたまま下方から装着するように全体の構造も異なる構造にしました。また、太ったり、姿勢が変わっても胴巾や脚パイプの長さ、背中長など各部分の再調整が簡単にできるため、長期間の使用も安心です。

ワンタッチ装着

小型犬、中型犬、大型など多くの犬種があり、世話をする飼主の世話の仕方もそれぞれ違います。抱上げやすい小型犬は上方から、重い大型犬は座らせたまま下方から装着するように全体の構造も異なる構造にしました。また、太ったり、姿勢が変わっても胴巾や脚パイプの長さ、背中長など各部分の再調整が簡単にできるため、長期間の使用も安心です。

軽量設計

軽量なアルミの丸/角パイプを基本構造に用い、ジョイントやストッパーなどの部品には量産金型を用いたプラスチック製(小型犬用カート)や3D プリンターによる成形法を組合わせることで軽く、扱いやすい道具に仕立てました。成形部品はコンピューター/CADを用いて設計しているため、ワンちゃん個別の特殊体形や要望に合わせて各部分をカスタマイズすることも可能です。

リハビリテーション対応

スイングアーム機構には回転を制御するスプリングを装備しており、ヘルニア施術後には背筋の活動を拘束し、回復の進度に応じて段階的に反力を弱める使い方をします。


製品開発プロセスを更新しています

  1. 先天性股関節異状トイプードルのカニちゃんが車椅子で普通に歩いた!その2

    初めて車イスに乗ったカニちゃん、最初は逆立ち歩きのクセがついていたので、車いすごと持ち上げてしまい、そのまま前脚2本で歩き出します。美容学校のお姉さんたちが文字通り手取り足取り歩き方を教えた結果・・・。狭い机の間を縫って歩き回り、軽快に疾走します。

    続きを読む
  1. 先天性股関節異状トイプードルのカニちゃんが車椅子で普通に歩いた!その1

    トイプードルのカニちゃん(1歳半)は生まれつき後ろ足の股関節が前後逆でした。昼間は愛犬美容学校のアイドル県としてお姉さんたちから可愛がってもらっていました。頑張って前脚2本だけで歩けるようになっていたのですがそれでも前脚にかかる体重を支えるのは重労働。長い間には関節を痛めてしまうかもしれません。

    続きを読む
  1. ヘルニアで足が麻痺したダックス用 車いす開発のきっかけ-その2

    自由に動く歓びを爆発させるマックス君。10歳を越える高齢犬の動きとは思えません。こたつ布団に乗り上げても平気。疲れを知らないかのような走りでしょう? 後ろ足は全く動いていないのがわかるでしょうか? 次にこの学生は参考意見を聞きに動物病院を訪れます。

    続きを読む
  1. ヘルニアで足が麻痺したダックス用 車いす開発のきっかけ-その1

    ランダムカートは大学生の卒業制作品から生まれました。卒業制作とは大学4年間に身に着けた知識や技術を応用して、独自のアイディアをもとにオリジナルの成果物(作品)を制作し発表するもので、通常1年かけて取組みます。

    続きを読む
製品一覧へ
ページ上部へ戻る